キャッシングの審査基準とは何か?

キャッシングを申し込もうとする際に気になるのは、やはり審査基準です。
インターネットの体験談などを見ていると、審査に通らなかったり、思ったような金額が借りることができなったりといったネガティブな情報もあります。自分の評価がどのように下されるのかというのも心配です。
キャッシングの審査基準に大きく関わってくるのが、やはり収入になります。
まず消費者金融では、賃金業法の総量規制の対象ですから、年収の3分の1までしかお金を借りることができません。
そのため無職や主婦の方では借りることができないというのがあるのです。
一方、銀行は総量規制の対象外ですので、安定した収入がなくても申し込みが可能になります。
以上の内容から、たとえアルバイトやパートであっても、働いているのであれば、審査に通らないということは少ないということがわかります。
違ってくるのが、実際の年収や勤続年数、住居などによって上限額が変わるということです。
また年収が低いと、高い金利になってしまうということもあります。
各金融機関によって申込みできる種類や金利が違いますので、他社と比較するのがよいでしょう。
消費者金融では安定した収入のない専業主婦は借りることは出来ません。
ただ銀行カードローンであれば配偶者に収入があれば、本人が働いていない場合でも借りることが出来ます。
参考:専業主婦でも借りれるカードローンwoman
こちらのサイトでは無職の主婦がキャッシングできるカードローンが掲載されています。
他社と金利を比較してより金利が安い金融機関へ申込むことが可能です。